楽天 10万ポイント山分け

2010年04月26日

自閉症の症状改善 金沢大学

 自閉症が、脳内ホルモンの一種「オキシトシン」の投与で改善したと、金沢大・子どものこころ発達研究センターが23日、発表した。

 オキシトシンは出産時に大量に分泌され、子宮や乳腺の収縮などに作用、陣痛促進剤などとして使われている。他者を認識したり、愛着を感じる機能に関係するとの研究結果も最近出され、知能の高い自閉症のアスペルガー症候群で効果が実証されたとの報告もある。

 この報告を知った、同センターに通院する20代の男性患者の両親が、08年にオキシトシンの点鼻薬を輸入し、数カ月服用したところ、(1)主治医の目を見て話す(2)対話で笑顔を浮かべる(3)IQテストが受けられるようになる−−など症状が改善。10カ月間投与し改善状態の持続も確認した。

 愛子様もこれで改善するといいですね。
アスペルガー症候群(高機能自閉症)のすべてがわかる本


posted by さいたか at 11:48| 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。