楽天 10万ポイント山分け

2016年04月09日

低体温

 低体温の子どもが以前より増えているという報告があります。

子どもの平均体温は1935年の37.2℃から、1995年には36.2℃まで下がっています




 子どもの低体温の原因は?

低体温は、体温調節がうまくできない結果です。

その原因は自律神経の働きが悪いことにあります。

自律神経の乱れによってイライラしたり、集中力がなくなったり、対人関係に問題が発生したり、怒りやすくなったりします。



自律神経の働きを悪くする原因は、

  就寝時刻が遅い(睡眠不足)

  朝食の欠食または不十分である

  バランスの悪く偏った食事(食生活の乱れ)

  排便がない

  冷暖房の使用および過剰使用による体温調節機能の低下

  ゲーム時間の増加(睡眠不足、運動不足)

 などです。




 低体温の対策は

低体温の改善方法としては、まずは生活習慣を見直します。

1日の生活リズムで大事なのは睡眠・運動・食事です。

結局、上記の低体温の原因を克服していけば改善していくのです。





ラベル:低体温 子供 体温
posted by さいたか at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。