楽天 10万ポイント山分け

2016年05月08日

うつ病の人に言ってはいけない言葉

 うつの人にかけるべきではない言葉を理解し、支えになれる接し方です。


タブー1.うつを軽視する言葉

 「自分の事を全然分かっていない!」といった気持ちに
相手をさせやすいものです。

 ・誰でも時には気分が落ち込むもの
 ・たいした問題ではない
 ・世の中にはあなたよりもっと困っている人がいるのよ
 ・いったいどうしちゃったの?
 ・カラオケにでも行かない?落ち込んだ時はそれが一番!



タブー2.感情的な言葉

 うつの人は自責の念が強く、自信を失っていることが多く、以下のような感情的な言葉はダメ。

 ・せっかくあなたの為に作ってあげたのに……
 ・いい加減にして!
 ・私を困らせたいだけなの?
 ・役立たず
 ・あっちへ行って
 ・だらだらしていないで、何かしたら?



タブー3.励ましの言葉

 頑張れないことに悩んでいる相手に励ましの言葉をかければ、

かえって相手を追い詰めてしまう可能性があります。

 ・頑張って!
 ・たまには笑顔を見せて
 ・元気を出して


 うつ病になってしまった時は、自殺のリスクがあることは決して忘れないでください。

決して軽く考えず、相手の様子に十分注意を払い、

すぐに主治医に報告するか、精神科(神経科)を受診するなど、
迅速なる対処が、必要です。




posted by さいたか at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。