楽天 10万ポイント山分け

2016年10月18日

避けたい入浴中の死亡事故

冬場のお風呂で気を付けるべき5つのこと


@入浴前に脱衣所や浴室を暖める
 寒い脱衣所で服を脱ぐと急に冷たい場所に身をさらすことになり、これが血圧を急上昇させるきっかけとなります。


A湯温は 41 度以下、湯に漬かる時間は 10 分までにすべし
 42度を超える高温での入浴は交感神経が刺激され血圧が急上昇します。
 またあまり長く入りすぎると体温が上がりすぎて熱中症になりかねません。


B浴槽からの立ち上がり時に注意すべし
 湯船から立ち上がると水圧がなくなり血圧も低下します。このときに一時的に意識が無くなり転んで大怪我をする時もあります。


C飲酒後や食後直後の入浴を控えるべし
 お風呂に入ると血圧が下がりますが、アルコールを飲むとさらに血圧が低下します。


D入浴する前に同居者に一声掛けるべし
 急に意識がなくなると言ったことも多く、他の人に助けを求めることができないのです。そのため同居する人が時々様子を確認することが大切です。







ラベル:入浴
posted by さいたか at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。